風水と家相の違い



風水と家相の違いとは

風水と家相って何だか似ている感じがしますが、はっきりとした違いがわかりませんよね。 ここでは、風水と家相の違いについてご紹介します。

風水・家相 おすすめ本


風水と家相の本質

風水の一般的な意味は、地理的な状況を表します。
「気は風に乗れば散らばり 水に界(へだ)てられれば止まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず これを行いて止めるあり ゆえに、これを風水という」。
風水の本質は、「風」「土」「水」などの自然と調和しながら、「気」の流れを上手く活用することにより、運気を上げるというものです。

家相は、風水と同じく中国から伝来したもので、陰陽五行説に基づき、家の位置・方角・構造・間取りによって、住んでいる人と家との相性に関係なく、方角だけの平面的な鑑定によって吉凶が決まってしまいます。
また、家相には「〜してはいけない」「〜は凶」といった条件による禁止形の指示が多く見られるのも特徴の一つです。

最新版 Dr.コパの幸運を呼ぶ家相風水―マンションも一戸建ても吉相にして運を呼び込もう!


風水と家相の違い

風水と家相の大きな違いは、風水が気の流れや気の取り入れという視点で家全体を捉えているのに対して、家相は吉の条件と凶の条件のいずれに当てはまるかを、各部屋ごとに細かく固定的に分析・判断するところにあります。

風水も家相も、日光や風の流れ、大地のエネルギーなど自然の恵みを住まいに取り入れようとする考え方はほとんど同じですが、本来の風水は地勢や方位、地脈を重視し家を建てる場所や墓を造る場所などを決めるものです。
その一方、家相は家そのものや敷地を整えていくという方法です。

もうひとつ風水と家相の違いとして、鬼門のとらえ方があります。
鬼門とは家の中心からみて北東と南西の方角のことをいい、それぞれ表鬼門、裏鬼門といいます。
日本では、鬼門を特別に考えていて、家相の吉凶に関係するといわれ、鬼門を忌み嫌い避けるものと考えます。
裏鬼門と表鬼門を線で結び、その線上には開口部(玄関、吹き抜け等)や水回り(浴槽、トイレ等)は置かないことになっています。

ただ中国風水では鬼門を一概に凶方とはとらえていません。
また、日本の家相では方位の角度を東西南北が30度、南東・南西・北東・北西を60度に分けるのが多いですが、中国風水では八方位を各45度に分けます。
基本となる方位のとらえ方が異なるので、家の鑑定を風水から見るのか、家相から見るのか、本人の選択次第ということになります。

今と昔では住宅事情が違うので、家相の考え方を現代の家に100%取り入れることはできません。
家相だけにこだわって家を建ててしまったら、逆に使い勝手の悪い家になってしまい、運気を上げるどころか返ってストレスが溜まり運気も下がってしまうでしょう。
家相でマイナスの部分は、風水カラーやグッズで補うという柔軟な考え方も必要です。

風水や家相は、快適な生活を送るための先人の知恵でもありますが、住み心地の良い家で快適に暮らしていけることが運気を上げるために一番大切なことです。

幸せを呼ぶ風水家相術 運気を高める風水家相の基本から、吉相への改善法まで