風水の金運アップ術



風水で金運がアップする方法

100年に一度の大不況といわれる昨今、給料やボーナスの減額などにより、生活や家計が苦しくなってきている家庭が多くなってきています。
そのため金運をアップさせるために風水を取り入れる家庭が、ますます増えていると聞きます。

風水は中国で昔から伝えられている伝統的な学問で、方位などから運を引き寄せるという考えになっています。
風水では、インテリアや方位をちょっと考えるだけで、金運アップに繋がります。
そこで、風水による金運アップ術を紹介します。

風水 金運アップ おすすめ本


金運アップの方位・方角

風水で金運をつかさどる方位は、兌宮(だきゅう)、つまり西方位です。
自宅や会社でこの方位をきちんと整理整頓し、掃除を怠らないように心がけましょう。

部屋の西に窓があり夕日を見られる人は、できるだけ夕日を浴びるようにして下さい。
それだけで金運が向いてきます。

また、「お金を貯める」運をつかさどるのは、東北ですので、この方角も掃除を怠らないようにしましょう。

【風水御守付】 もつだけ開運 おまもり風水

風水で金運を呼ぶラッキーカラー

金運を呼ぶラッキーカラーは、黄色、オレンジ、白、そしてお金の色の象徴でもある金色です。
これらの色を持つことでその波動が高まり、お金も寄ってきやすくなるということです。

しかし、金や黄色を取り入れ過ぎると、逆に浪費傾向が出てきてしまいますので、ワンポイント程度を心がけましょう。
また、インテリアからファッションまで、黄色や金だけで統一してしまうと、他人から敬遠されてしまう場合もあるので、注意が必要です。
色の使い方は、バランスよくワンポイント程度で十分です。

【超・大金運法】カ ン タ ン ! 飾 る だ け 風 水 裏 技

風水で金運がアップする財布

風水では、財布は「お金の家」といわれています。
表面がかすれていたり、ボロボロの財布を使っていても残念ながら金運は上がりません。
せっかく入ってきたお金も、居心地が悪くてすぐに出ていってしまいます。
また、お財布の金運パワーは3年程度でなくなってしまうといわれていますので、できるだけ3年に1回位のペースで新しいお財布に買い替えるようにしましょう。
金運を上げる財布の色としては、風水では金色、あるいは落ち着いたカラーの白、ベージュ、茶、黒です。

黄色が金運をアップさせると思っている人も多いですが、まっ黄色の財布はかえってお金を散在してしまうそうです。
なぜなら、黄色というのはお金が元気になる色で、財布の中に入っているお金が元気になって、外に出て行ってしまうからだそうです。
黄色の財布にするなら、表面は茶、ベージュ、黒などの落ち着いた色にして、内側が黄色いお財布にするのが理想的ですが、なかなか見つからないかもしれまんせんね。

なお、お金は居心地のいい場所が好きなので、財布の形も二つに折りたたまない長財布がおすすめです。

Dr.コパのお財布風水

金運をアップさせる行動

風水から見て金運を上げる行動は以下のとおりです。

コツコツとひとつの事を続けて努力する
どんな小さなことでも、ひとつのことをとにかく続けてみる。それが金運を高める第一歩です。

生きたお金を使う
自分や周囲の人の幸せを考えながら、生きたお金を使ってお金を循環させることこそが、豊かな実りをもたらし金運アップにつながります。
健康な状態の体で血液が体内を自由に循環しているように、今までお金の循環を妨げていたものを取り除き、自由にお金が流れ込んでくるようにしましょう。

人と交際を広げる
人脈を広げてこまめに会合に顔を出すなどしてさまざまな人と関わると、それがきっかけで金運が上昇するチャンスをつかむ可能性が高まります。

玄関と鏡が金運アップのポイント〜玄関用ミニ風水鏡